タイトルマッチ

格闘家の似顔絵・感動した試合・おすすめYouTubeを紹介するブログ。RIZINをよく観ます!

【RIZIN29】試合結果と感想(皇治・今成正和・川名TENCHO~)

RIZIN

今回は、RIZIN29 大阪大会(2021.6.27)の感想です!

 

衝撃的な東京ドーム大会(2021.6.13)に続き、波乱の大阪大会。

特にバンタム級トーナメント4試合が面白かったです。

だけど2週間間隔での大会は見る方も疲れますね。おなか一杯だし、もうヘロヘロ(笑)

 

MMA全6試合、すべて判定決着、見ごたえのある試合が多かった!

RIZIN29(2021.6.27 大阪大会)試合結果&感想 

山畑雄摩 vs. 髙橋聖人(キック)

試合結果:ドロー 3R 判定(0-1)

 

第一試合でドローは少し残念。髙橋選手がパンチもキックも若干優勢な気がしましたが接戦のいい試合。

 

山畑選手は試合前インタビューでは、コーンロウヘアがかっこよかったのに、当日はほどいてフサフサになってました。なぜ?もったいない。

 

植山征紀 vs. 泉丈成(キック)

試合結果:植山征紀/2R 0分55秒 TKO(3ノックダウン)勝利

 

植山選手、冷静で強い。眠たそうな眼差しが、武井由樹選手にちょっと似てる?

泉選手はダウンしても最後まで前に出て、プロとして盛り上げていてかっこいい。 

 

吉成名高 vs. 誓(キック)

試合結果:吉成名高/1R 終了時 TKO ドクターストップ(鼻骨折の疑い)勝利

 

吉成選手は強すぎて毎回引く。同じくらい強い選手がいないなら、ヒジなしルールで見たい。

誓選手はダメージを負っても顔に出さず、引かず、かっこよかった。

 

皇治 vs. 梅野源治(キックトーナメント)

試合結果:ノーコンテスト 1R 0分43秒(偶発のバッティング、梅野選手が負傷しドクターストップ)

 

皇治選手の強さを見たかったのに、頭突きを見せられて終わるとは・・・。

皇治選手が主役の大阪大会だっただけに、気持ち(頭)が前に出すぎたのか。

興覚めでしたね。悪い意味でインパクトは残りました。 

 

ノーコンテストだけど、皇治選手がキックトーナメント決勝戦に進出・・・。

梅野選手が気の毒。

「白鳥vs皇治」が見れるのはいいけど、モヤモヤする~~。

スポンサーリンク

 

白鳥大珠 vs. 髙橋亮(キックトーナメント)

試合結果:白鳥大珠/1R 1分38秒 KO(スタンドパンチ)勝利

 

白鳥選手、強い、背高い。

髙橋選手は目つきがいい。華やかな二人の試合。

 

中村優作 vs. 北方大地

試合結果:試合中止/北方選手の体調不良によるドクターストップの為。

 

試合は中止ですが、中村選手が入場・マイクパフォーマンスして、会場を盛り上げました。自分も辛いのに明るく面白くて偉い。

皇治選手のバッティングや、試合中止のモヤモヤした空気を和ませてくれて感謝!

 

白川陸斗 vs. 青井人

試合結果:白川陸斗/3R 判定 (3-0)勝利

 

今大会初のMMA試合。やっぱりMMAが見たいんだな、と実感。ワクワク。

だけどほぼ打撃戦。もう少し組み合ったところも見たかったかも。

 

白川選手は勝ったけどマイクなし。残念そう。白川選手のYouTube「りくちゅ~ぶ」では、水抜き方法とか、タイヤファイトとか見れますよ。

 

矢地祐介 vs. 川名TENCHO雄生

川名

試合結果:矢地祐介/3R 判定 (3-0)勝利

 

しゃぶしゃぶ修斗王者、川名店長~~!残念・・・。

サービス精神旺盛で試合まで盛り上げてくれたので応援してました。ツイッターや公開練習で、矢地選手をあおったり、恋ダンスをしたり。

ジャカレイ選手風の「ワニ歩き」で入場したときはシビれた!髪型もサイドを刈り上げて、茶髪に染めて、かっこよかった!

試合でももう少し魅せてほしかったけど、矢地選手が強かった。

 

矢地選手は川名選手が試合前から頑張って煽ってるのに、ほぼ反応せず。もったいない気がした。

ただ、矢地選手は試合開始時に川名選手にグローブタッチを拒否されて、とっさに中指立ててましたよね?そこで極端に反応したのは、なんかダサい(笑)煽られてフラストレーションがたまってたのか。 

 

倉本一真 vs. アラン“ヒロ”ヤマニハ(バンタム級トーナメント)

倉本一真選手の似顔絵
アラン ヒロ ヤマニハ選手の似顔絵

試合結果:アラン“ヒロ”ヤマニハ/3R 判定(0-3)勝利

 

熱い試合!

1Rから打撃をもらいすぎた倉本選手が、2R3Rバックブローやパウンドや踏み付けでやり返す・・・。

倉本選手の最後まで勝ちに行くメンタルがかっこよかった。ジャーマンが見れなかったのは残念。

 

勝利した後のヤマニハ選手の目には涙が。美しかった。

気になったのは、試合中にヤマニハ選手がジェスチャーで「来い来い」したり、余裕なポーズをとったり、意外とオラオラ系?で面白かった。

サトシ・クレベルに続き、ボンサイ柔術、強いですね。ヤマニハ選手がどこまで勝ち進むのか楽しみ。

 

瀧澤謙太 vs. 今成正和(バンタム級トーナメント)

瀧澤謙太選手の似顔絵
今成正和選手の似顔絵

試合結果:瀧澤謙太/3R 判定(3-0)勝利

 

今大会の個人的ベストバウト!今成選手が個人的MVP。

 

バンタム級トーナメント一回戦で一番楽しみにしてた試合です。今成選手が期待以上に盛り上げてくれました!

 

今成選手の試合をみて、試合=「自己表現の作品」なんだと気づきました。格闘家はアーティストなんですね。

今成選手の退場シーンでボロボロ涙が流れてました・・・。今成選手の独自の世界が美しかったのと、単純に45歳で戦う姿に感動しました。予想よりも打撃勝負もしていてかっこよかった。

このトーナメントに出場してくれたことに感謝。煽りVも試合後インタビューも全てに自信と色気を感じました。

 

瀧澤選手は徹底して逃げて面白かった。逃げたおかげで、今成選手の怖さが際立ち、変な動き(手をゾウの鼻みたいにブランブランしたり、変身ポーズでリングを2周回ったり・・・)が見れて楽しめました。

次戦はいつも打撃戦に期待したいです!

 

大塚隆史 vs. 獅庵(バンタム級トーナメント)

大塚隆史選手の似顔絵
RIZINしあん選手の似顔絵

試合結果:大塚隆史/3R 判定(3-0)勝利

 

いい試合!

大塚選手が総合的に上手かったし、体力差もあったけど、最後まで獅庵(しあん)選手のKO勝ちも期待できる面白い試合だった。

 

獅庵選手が最後の10秒間で打撃を2発くらい当てた時は興奮した。途中体力切れが不安でしたが、最後に力を出し切って試合を盛り上げたのはカッコイイ。

それにしても獅庵選手はイケメンすぎ。攻められて苦しそうな顔もセクシーですよね(笑)

 

大塚選手はフィニッシュできそうな場面もあったので惜しかった。

あと勝利者マイクが意外でかわいかった!

「大阪初めて来て、大阪が好きです。大阪のファンの皆さんが熱い応援とか、ブーイングするときはするし、そういうハッキリとしたところも好きです。ありがとうございました。」

大塚選手は勝手にクールなイメージがありましたが、温かい人ですね。このマイクでまた応援したいと思いました!

 

金太郎 vs. 伊藤空也(バンタム級トーナメント)

RIZIN金太郎選手の似顔絵
RIZIN伊藤空也選手の似顔絵

試合結果:金太郎/3R 判定(3-0)勝利

 

激しい打撃戦!

 

ゾンビ・伊藤空也。

打たれ強さ。折れないメンタル。前に出続ける気迫。厳しい試合を楽しんでいるかのようにも見える・・・。格闘家ってやっぱり普通じゃないですよね、凄すぎます。

鋭い目つきが最高!あの目力で金太郎選手に精神的ダメージを与えてそうです。

最後は金太郎選手を抱えて投げつけて盛り上がりました。

 

金太郎選手は試合1か月前くらいに足を骨折していたらしい。練習も満足にできなかったとか。

強い打撃を何度当てても、伊藤選手が立ち向かってくるから、しんどかったろうな・・・。密着動画とられたり、MMAのメインを任されて、プレッシャーも大きかったはず。しっかり勝てて凄いです。

 

金太郎選手の入れ墨が好きです。背中の「金太郎」や「鯉」が試合中に生き生きしていて、試合に集中できないですが(笑)入れ墨は14歳の時に入れたとか!

 

こんなに激しい試合をして、また9月、12月とトーナメントが続くなんて、恐ろし!

金太郎選手は骨折してた足は大丈夫なのか・・・。

伊藤選手はファン投票法で決まるらしいリザーブマッチに出る予感。

 

白鳥大珠 vs. 皇治(キックトーナメント決勝)

試合結果:白鳥大珠/3R 判定(0-3)勝利

 

白鳥選手が勝ってくれてひと安心。ベルトが似合いすぎる。

 

皇治選手はまたバッティング・・・。

なんかもう皇治選手がかわいそうになってきた。バッティングなしでは戦えないってことですよね。

 

皇治選手はRIZIN側にいいように使われてませんか・・・?

RIZINにきてから殴られ役ばかりで、実力が伴わない試合を組まれてる気がする。(vs 天心選手・vs 五味選手)

すでに皇治選手の体はボロボロなのでは。

 

RIZIN29 バンタム級トーナメントが面白い!

RIZIN29、メインは皇治選手のキックトーナメントでしたが、やっぱりバンタム級トーナメントが面白かった!

特に今成選手の印象が強いです。不気味で面白くて感動する試合でした。

 

これで一回戦が終わり、16名→8名に絞られました!

勝者は、東京ドーム大会「元谷・扇久保・井上・朝倉海」、大阪大会「ヤマニハ・瀧澤・大塚・金太郎」。

 

9月にニ回戦、12月の準決勝・決勝。

大阪大会組の活躍に期待してます!